マカのサプリメントを紹介しているサイト
女性向けマカランキング(妊娠・美容) 男性向けマカランキング(ED・精力) ベンジルグルコシノレートやアルギニンを説明

マカを飲むと自信につながる。精力増強作用について

マカを飲むと自信につながる。精力増強作用について マカには精力増強効果が期待できます。
年齢を重ねるにつれて「男としての自信が持てない」というかたが増えてきます。
この記事ではマカの精力増強効果や、勃起不全の原因とも言われている動脈硬化などにも、マカがアプローチする仕組みをご紹介いたします。
>>簡単な解説はこちら

1.精力を増強するには

ひとくちに「精力増強」といっても、そのやりかたにはさまざまあります。

  • ・(ペニスの)血行を促進する
  • ・精力に関わる栄養素を摂る
  • ・生活習慣を改善する

この記事では、主にこれら三つのことについて、詳しくみていきます。

また記事の後半では精力を増強するイメージがあるバイアグラや栄養ドリンク、強精剤との比較もしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

2.血行を促進して精力アップ

ペニスを勃起させるには、ペニス内部にある海綿体(水を吸収するスポンジのようなもの)という組織への血流を促さなくてはなりません。
海綿体が充血することで勃起します。

マカには以下の血流を促進する成分が、複数含まれているのが特徴です。

  • ・アルギニン
  • ・ビタミンE
  • ・サポニン

2-1.アルギニン

アルギニンは、血管内に一酸化窒素を発生させる作用を持ちます。
一酸化窒素が発生すると血管が拡張し、血行を促進させます。

また血管を拡張させるアルギニンには、動脈硬化を防ぐ作用もあります。
ではなぜ動脈硬化を防ぐと精力増強に良いのでしょうか。

それは、「中高年がED(勃起不全)を発症した三年以内に狭心症や心筋梗塞を起こしやすい」というデータが確認されているからです。(東邦大学医療センター大森病院 長尾光一教授)

さらにアルギニンは性欲にも関わるなど、精力増強へのさまざまな効果が期待できます。

”アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し、性ホルモンの細胞への効果を助長する。(中略)性欲改善や精子の運動性改善などの妊活に有効。”
(引用:斎藤糧三 松村和夏 「スーパーフード事典 BEST50」 主婦の友社 P101 2016)

アルギニンの作用により精力が回復してくると、精神的にも元気になり、積極的な毎日が送れるでしょう。

2-2.ビタミンE

マカに含まれているビタミンEにも血行促進作用があります。
末梢血管を拡張し、正常な血流を維持してくれます。

さらにビタミンEには、細胞の老化を進める活性酸素の害を抑える抗酸化作用があり、老化を防ぐ目的で摂取するかたも増えています。

2-3.サポニン

マカに含まれている「サポニン」という成分には、血中の悪玉(LDL)コレステロール値を下げたり、血栓(血液のかたまり)の生成を防いだりする作用があると言われています。

  • ・血流を良くする
  • ・動脈硬化を予防する

という二つの効果がサポニンには期待できます。

3.精力に関わる栄養素を補給する

これまでは血行を促進する作用に絞ってみてきました。
ここからはマカに含まれる、精力増強と関わる以下の四つの成分(血行促進作用は除く)について見ていきたいと思います。

  • ・亜鉛
  • ・ビタミンB2
  • ・アスパラギン酸
  • ・チロシン

3-1.亜鉛

男性の体内の亜鉛が不足すると以下のような症状が引き起こされます。

  • ・前立腺が肥大し、性機能が低下する
  • ・精子の運動率が下がる
  • ・精子の量が減る
  • ・ムラムラしなくなる

亜鉛は精子の材料の一つですので、亜鉛が不足すると精力が下がるということは想像がつくでしょう。
しかしムラムラと亜鉛がどう関係しているのでしょうか?

それは、亜鉛が男性ホルモンの一種である「テストステロン」の合成にも関わっているからです。
体内のテストステロンの濃度が高いと性欲も高まり、性に積極的になることが科学的に分かっています。

3-2.ビタミンB2

ビタミンB2には、体内の糖質や脂質、タンパク質をエネルギーに変換する役割があります。
不足すると疲労感を感じやすい体に。

マカでビタミンB2をしっかり補給しておきましょう。

3-3.アスパラギン酸

マカに含まれるアスパラギン酸には、エネルギーの代謝をアップさせ疲労感を減らす効果が期待できます。

さらに、アスパラギン酸には疲労物質のアンモニアを体外へ排出する働きもありますので、一石二鳥の成分です。

3-4.チロシン

マカに含まれるチロシンは、「やる気ホルモン」と言われるドーパミンの材料になります。
ドーパミンは快楽や喜びと関わるホルモンで、「好奇心が旺盛」「物事に夢中」という状態を作り出します。
ドーパミンが減少してくると無気力になりがちなので、マカでチロシンを積極的に摂っていきたいものです。

4.実験で判明したマカの精力増強作用

世界中で行われているマカを使った実験では、

  • ・持久力増強作用
  • ・疲労抑制作用
  • ・性欲増加作用

などの作用が確認されています。

「精力」とひとくちに言っても、勃起力や持久力、性欲、疲れにくいからだなど、さまざまな要素が関わってくるのです。

4-1.持久力増強作用

マウスにマカを投与し水の中を泳がせるという実験があります。
一ヶ月間マウスにマカを与え続け、一週間ごとに泳げた距離を測定します。

その結果、マカを体重1kgあたり0.3mg投与されたマウスは、投与されていない個体や0.15mgのマカを与えられた個体よりも長時間泳ぐことができました。
もちろん0.15mgのマカを投与された個体にも、それなりの持久力の増強効果は認められています。
(参考:Ikeuchi M. et al., J.Health Sci., 55, 2, 178, 2009)

4-2.疲労抑制作用

疲労物質とも言われる、血中の「乳酸」の値が、マカを摂ることにより抑えられます。
これもまだマウスの実験の段階ですが、五週間マウスにマカを与え続け、その後15分間泳がせ、血中の乳酸濃度を測りました。

その結果、マカを投与されたマウスが最も血中の乳酸濃度が低いことが分かりました。
体重1kgあたり30mgのマカを与えられた個体も、6mgのマカを投与された個体も、運動して60分後には運動する前とほとんど変わらないくらいの乳酸値に戻っています。

ちなみにマカを与えられていない個体は運動後60分たっても、まだ血中に乳酸が増加している状態でした。
(参考:池内 眞弓ら, 2005年度日本農芸化学大会発表 公演要旨集, p117, 2005)

さらに、マカに含まれている「アルギニン」や「アスパラギン酸」には、血中のアンモニア(これも疲労物質)を抑制する働きもあります。
アンモニアと乳酸の両方にアプローチしてくれるのがマカなのです。

4-3.性欲増加作用

これは人による実験で効果が確認されています。

マカを二ヵ月以上(一日あたり1.5~3.0g)摂り続けると、健康な男性の性欲に改善がみられました。
(参考:Pharmacist’s Letter/ Prescriber’s letter Natural Medicine Comprehensive Database, ,5thed. Stockton, CV : Therapeutic Research Faculty, 2003)

「最近疲れ気味で体力も性欲も落ちてきた…」というかたは、マカを続けることで精力を回復させることができるでしょう。

5.生活習慣を改善し、さらに精力を増強させる

マカでさまざまな栄養素を摂ることで精力増強効果が期待できますが、ここでは精力をさらに高める以下の方法をご紹介していきます。

  • ・よく眠る
  • ・飲酒を控える
  • ・タバコを控える

5-1.よく眠る

「そんなの当たり前」と思っているかたも多いかもしれません。
しかし睡眠による精力への影響を本当に知っているかたは意外に少ないのです。

「五時間以下の睡眠は、テストステロン(男性ホルモン)が10~15%減少する」
という研究結果があります。(参考:シカゴ大学、イヴ・ヴァン・カーター博士らの研究)

テストステロンは性欲を起こす物質です。
睡眠不足の状態が続くと、慢性的な性欲不足におちいる可能性があるのです。

また「充分な睡眠を取っている人は、日中の作業効率が5%アップする」という、味の素株式会社の研究もありますから、しっかり眠るということは、精力だけでなく日常生活全般において重要なことなのです。

5-1-1.マカに含まれるグリシンが熟睡へ導く

マカには「グリシン」というアミノ酸の一種が含まれています。

グリシンを摂ることにより、睡眠時に効率的に体の深部体温(体の内部、中心部分の体温)が下がり、熟睡できるのです。

深部体温が下がると眠りが深くなるということは科学的にも広く知られている事実です。
マカで、精力に関わる睡眠の質を向上させることができるのです。

5-2.飲酒を控える

「酒は百薬の長」という言葉もありますが、精力のためには飲酒は控えましょう。
お酒にはストレスを解消するリラックス効果は認められますが、アルコールの摂取は以下のような精力ダウンにつながります。

  • ・男性ホルモンの分泌量が低下する
  • ・体内でアルコールを分解する際に亜鉛が消費される
  • ・飲みすぎると本能が抑えられてしまう

アルコールを長期にわたって飲み続けると、精子が作り出される精巣が萎縮するといわれています。
また精巣は男性ホルモンを作り出す役割を持ちますから、男性ホルモンの減少による勃起不全や、性欲が少なくなるといった症状が出る恐れがあるのです。
(参考:新宿ライフクリニック 「アルコールによる精巣の萎縮と男性ホルモンの分泌低下」)

さらに「体内のアルコールを分解する際に亜鉛が消費されてしまう」という事実も、飲酒をおすすめしない理由です。
「亜鉛が不足すると、性機能が低下したり性欲が減ったりする」ということは先ほど見てきました。

しかし少量のアルコールはストレスを解消して本能を開放し、勃起しやすい状態を作り出すことがあります。
ただ「飲酒量が増えてくると本能の部分まで抑えられてしまう」ということが分かっています。
(参考:マイナビニュース 「飲酒・喫煙とED(勃起不全)って関係ありますか?」ED治療専門クリニックの大久保暁司院長に聞いてみた)

精力を高めたいなら、まずはアルコールの量を減らすところから始めてみましょう。

5-3.喫煙を控える

タバコに含まれる「カドミウム」という物質が、亜鉛が体外へ排出させます。

タバコには血管を収縮させる作用もあり、勃起するために必要な血液が、充分にペニスに流れなく恐れがあります。
さらにタバコにはED(勃起不全)の原因ともなる動脈硬化を引き起こす恐れも。

精力を増強するためにはタバコをやめるか、量を減らすことをおすすめします。

6.バイアグラ、栄養ドリンク、強精剤の真実

バイアグラや栄養ドリンク、強精剤は、いかにも精力がつきそうなイメージがあります。
しかしイメージとは裏腹に、これら三つの成分には、根本的に精力を高める効果はないのです。

6-1.バイアグラは根本的な解決にはならない

バイアグラには精力を増強する作用はありません。
「強制的にペニスを勃起させるだけ」の薬ですから、根本的解決にはならないのです。
もちろん短期的にペニスを勃起させたいかたには、バイアグラを飲むという選択肢もあります。

バイアグラにはマカと違い以下のような副作用があります。

  • ・頭痛
  • ・顔のほてり
  • ・狭心症

など、さまざまな症状を引き起こすことがあります。

「バイアグラを飲んで副作用を引き起こした人は約4割」というデータ(国内の臨床試験157例による。浜松町第一クリニック竹越昭彦院長)もありますから、毎日のように服用するのは避けたほうがよいでしょう。

また、勃起不全の原因に「動脈硬化」が隠れていることがあります。
動脈硬化とは血管が硬くなり詰まりやすくなる病気です。
ペニス部分の血管が動脈硬化になると、血流が悪くなり勃起しにくくなってしまうのです。

ちなみにマカには、血管内に一酸化窒素を発生させることで血管を拡張し柔らかくする「アルギニン」が含まれており、効果的に動脈硬化を防ぐことができます。

精力を根本的に改善させたいなら、バイアグラよりもマカを飲むことがおすすめです。

6-2.栄養ドリンクの効能は確認されていない

一般的に売られている栄養ドリンクには、精力を増強させる成分が入っていません。
むしろ「カフェインの作用で一時的に覚醒させている」と思ったほうが良さそうです。

”(栄養ドリンクが発売された)1962年頃は、脚気という疾患が問題となるほどビタミンB1が不足した時代です。だから、当時はビタミンB1を補給することに意味があったと思います。

栄養ドリンクはこれまで一度たりとも偽薬を対照としたヒト臨床試験で抗疲労効果が実証されたことはなく、人に対して抗疲労効果が実証された医学論文もありません。

ビタミンが不足してるから「補給したら効くであろう」という発想だけで承認された、55年前の既得権益であり、飽食時代の今となっては時代錯誤ともいえます。”
(引用:サイゾーウーマン 「『タウリン配合』はまったく意味ナシ!? 栄養ドリンクはホントに効くのか医師に直撃」)

値段が高い栄養ドリンクにはマカなどの精力を高める成分も入っていますが、含有量は少ない傾向にあります。
しかも値段が高いので毎日続けるのは大変です。

やはりマカはサプリメントなどで摂るほうがおすすめです。

6-3.強精剤はリスクが高い

強精剤とは、その名のとおり「精力を強くする」ための薬(医薬品)です。
その多くが男性ホルモンの「メチルテストステロン」を体内に吸収することで性欲を高めようとするものです。

  • ・飲むタイプ(サプリメント)
  • ・ペニスに塗るタイプ

の二種類が一般的ですが、病院で男性ホルモンを注射する方法もあります。

ある程度の効果は強精剤に期待できますが、マカと比べるとその副作用の多さが問題となります。

  • ・不整脈
  • ・頭痛
  • ・めまい
  • ・多血症(赤血球が増えて血液がドロドロに)
  • ・高血圧
  • ・前立腺肥大症
  • ・前立腺がん

強精剤を使用する場合は危険をともなうため、必ず医師の指導が必要です。
処方せんがなくてもインターネットで購入できますが、副作用などの危険性を考えると購入するのは避けたほうが良さそうです。

このように強精剤について見ていくと、やはりおすすめできるものではないですね。
強精剤はバイアグラや栄養ドリンクと同じく、根本的な解決にはなりません。

健康あっての精力ですから、やはり栄養によって精力を高める「マカ」などを摂るのが安全で確実でしょう。

7.まとめ

マカには精力増強に効果的な成分がたっぷり入っています。
血行を促進したり性欲を引き出したりと、さまざまな効果が期待できます。
さらに、

  • ・睡眠不足
  • ・飲酒
  • ・喫煙

といった生活習慣を改善することで、より精力が高まるでしょう。
マカには睡眠不足をサポートするグリシンも含まれています。

バイアグラや栄養ドリンク、強精剤はおすすめできません。
短期的な服用はアリですが、長期的に精力を増強したいなら、副作用がないマカがおすすめです。

マカを飲んで精力を高め、男としての自信に満ちあふれた毎日を送っていきましょう。

>>分かりやすい解説はこちら
>>効果一覧へ戻る

トップへ戻る