マカのサプリメントを紹介しているサイト
女性向けマカランキング(妊娠・美容) 男性向けマカランキング(ED・精力) ベンジルグルコシノレートやアルギニンを説明

マカとバイアグラ。どっちが勃起不全に効果がある?違いを徹底比較

最近ペニスに元気がない…とお悩みではありませんか?でもご安心あれ。
マカとバイアグラの違いについて知り、その知識を生かすことで効率的に勃起力をアップさせることができるのです。
効果の違いや値段の違いなど、あらゆる違いについて徹底的に比較していきたいと思います。

1.どんな違いを比較するか

まずはマカとバイアグラの、どんな違いを比較すれば効率的に勃起力が改善されるのでしょうか。

効果や副作用などをはじめ、購入費用やペニスに効く仕組みなど、「これだけ知れば勃起不全を改善させられる」という項目を決定しました。
それが以下の八つです。

  • ・種類の違い
  • ・副作用の違い
  • ・摂取量の違い
  • ・値段の違い
  • ・効く仕組みの違い
  • ・効果が出るまでの時間の違い
  • ・入手方法の違い
  • ・ペニス以外への効果の違い

この記事を読み終わった頃には今まで曖昧だったマカとバイアグラの違いはもちろん、それぞれの効果や特徴などにも詳しくなることができます。
そして「効率的にペニスを勃起させることができる」ようになりますよ。

それでは八つの項目について一つずつ見ていきましょう。

2.食品?薬?種類の違い

2-1.マカは自然の食品

精力剤などに配合されているマカは、薬ではなく「食品」です。
マカにはビタミンやミネラルなどの必須栄養素が豊富に含まれており、性欲増強作用やホルモンバランスを整える作用も持つことから、スーパーフードとして世界中で認知されてきています。

マカはペルー原産、アブラナ科の植物で、見た目がカブに似ており、根の部分を食用とします。
富士山(標高3,776m)よりも高い4000m以上の高地で育てられ、強烈な紫外線が降り注ぐ、昼と夜の寒暖差が激しい過酷な地帯で育つ、非常に強い植物です。

マカは育った土壌の栄養分を存分に吸収して溜め込みます。
ですからマカを育てている土地は、一度マカを育てると不毛の土地になり、再び育てるには五年間はその土地を休ませなければなりません。
それほどマカは豊富な栄養素を持っているのです。

そして実はこのマカ、収穫した生のままでペルーから国外へ持ち出すことを法律で禁止されています。
ですから日本で手に入るマカのサプリメントには、現地で粉末などにしてから輸送されたものが使われています(もちろん粉末にしても成分はそのまま)。

2-2.バイアグラは人工的な薬

バイアグラはシルデナフィルという成分を主とした、人工的に作られた薬です。
世界初のED(勃起不全)治療薬として、1998年にアメリカのファイザー製薬が開発しました。
日本での発売は1999年。

バイアグラは「一時的に」勃起不全を解消するための薬で(メカニズムは後述)、根本的なところから勃起不全を治すための薬ではありませんので要注意。
EDを改善させるためには、他の治療法と組み合わせることが必要です。

2-3.食品か薬かは関係なし。効果で選ぶ

マカは食品、バイアグラは薬。
薬よりも食品のほうが体に良いイメージがありますが、マカやバイアグラを飲みたいという方は「自然の食品だから体に良い。
人工的に作られたものだから体に悪い」という理由で選ぶことはおすすめしません。

もちろん体に悪い成分が入っているようなものは飲まないほうが良いですが、サプリメントや薬は自分に合ったものを選ぶのが一番です。

それでは次に、サプリメントや薬を安全に選ぶために、副作用について見ていきたと思います。

3.どっちが安全?副作用の違い

3-1.マカは副作用なし。食物アレルギーや生理不順の方は注意が必要

マカは薬ではないので副作用はありません。
ですから安心して摂取することができます。
一日の摂取量を守ってさえいれば、年単位で継続して飲み続けることも可能です。

ただし他の食品と同じように、サプリメントの成分に対して食物アレルギーをお持ちの方は飲むことができません。
マカと同じアブラナ科のキャベツやブロッコリー、カリフラワーに対して食物アレルギーを持っているかたは特に注意が必要です。

ちなみに不妊症を改善する目的でマカを飲んでいる女性のなかには、生理不順になったという方も見受けられます。
ですがこれはマカのホルモンバランスを整える作用による一時的なもの。

マカを飲み続けることで自然と生理不順が治まってきますが、それでも調子が悪い状態が続くというかたはマカが体質に合わない可能性もあるので、その場合は飲むのを中断することをおすすめします。

3-2.バイアグラは副作用多し。摂取時には自分の体調と相談する

バイアグラにはさまざまな副作用がありますので、服用の際には注意が必要です。

  • ・頭痛
  • ・顔のほてり
  • ・めまい
  • ・血圧低下
  • ・狭心症 (胸痛や胸部圧迫感など)
  • ・突発性難聴 (耳が聞こえづらくなる)
  • ・虚血性視神経症 (目が見えにくくなる)
  • ・持続性勃起 (長時間勃起が収まらなくなる)

これら以外にもさまざまな副作用がありますが、多くの方は頭痛や顔のほてりなど軽い症状で治まります。

過去に国内での死亡例もありますが、バイアグラを服用した男性が併用禁忌薬のニトログリセリンも飲んでいたことが判明しています。
しかもこの事故が起こったのはバイアグラが日本で認可される前年の1998年。
医師の指導のもとで一般的な使用の範囲内ならば、重大な副作用が発症することはほとんどありません。

ただし100%安全とは言いきれないので、飲む際はしっかりと自分の体調を観察し、具合が悪くなったらすぐに使用を中断し、かかりつけの医師に相談することが大切です。

3-2-1.バイアグラの併用禁忌薬

バイアグラには併用禁忌薬(同時期に一緒に使ってはいけない薬)があります。

  • ・硝酸剤(ニトログリセリンなど)
  • ・塩酸アミオダロン製剤
  • ・慢性血栓塞栓性 肺高血圧症の薬(アデムパス)

これらの薬を服用、投与などされている方はバイアグラは使用できません。
併用禁忌薬に指定されていない薬を飲んでいる方でも、バイアグラ服用前に必ず医師に相談し、医師の指導のもとで使用するようにしましょう。

また、バイアグラを服用中に狭心症(胸痛、胸部圧迫感など)を発症することもまれにありますので、その際は落ち着いて専門医の診断を受けることが大切です。

ちなみに飲酒中(アルコール摂取中)の使用も可能ですが、お酒を飲みすぎるとバイアグラの効きが悪くなることもありますので、バイアグラを使用する際の飲酒はほどほどに。

3-3.マカは副作用なし。バイアグラは4割の人に副作用あり

アレルギーなどをお持ちの方以外ではマカにこれといった副作用はありませんが、バイアグラについては国内での臨床試験において使用者の約四割(41.4%)に副作用が出ています。


マカは食品なので安心感があります。
バイアグラは副作用が出る可能性が高く、頻繁に服用することはおすすめできません。

4.どっちがお得?摂取量と値段の違い

4-1.マカの一日の摂取量

値段を見ていく前に、まずは一日あたりどのくらいの量のマカを摂取するのが良いのか、チェックしておく必要があります。
マカの一日分の摂取基準量は厳密に決められているわけではありませんが、

0.5~5g(500mg~5,000mg)

という量を目安に摂取します。

ペルーのラ・モリーナ国立農業大学では「2~5gほどが標準的な摂取量」と発表していますが、これもあくまでも目安で、マカによって得られる効果は個人差があります。

例外として原産地であるペルーでは一日20gも摂っている方もいますが、日本国内では一般的に5gくらいまでが適量とされています。

ちなみにこんな報告もあります。
ラットに水の中を泳がせる実験では、1kgあたり6mgのマカエキス摂取により、一カ月以内に持久力が増強したというデータがあります(65kgの成人男性で計算すると390mg)。

またこの実験ではマカエキスの摂取量を1kgあたり30mgにしておこなった場合、6mgの場合よりも持久力の増強量はさらに増加しています(日本農芸化学大会発表 公演要旨集 p117 2005)。


この実験からも分かるように、マカはある程度の量を摂取していれば効果が実感できます。
ですから無理して大量に摂取するよりも、むしろ継続して摂取することのほうが大切です(もちろん量を多めに摂れば効果は高まる)。

ちなみに、

  • ・マカ粉末
  • ・マカエキス

の違いについてですが、「マカ粉末」はマカをそのまま粉末にしたもの。
「マカエキス」はマカの成分を1倍~40倍に濃縮したものが多いです。

ですから「マカ100mg配合」とかかれた商品があるとすると、マカ粉末100mgを配合したものもあれば、マカエキス100mg(例えば生薬換算で1,000mg)という場合もあるのです。

メーカーによって粉末やエキスなどの量を細かく表記している場合としていない場合があるので、購入前にはマカを粉末にしただけのものなのか、濃縮したエキス(エキス粉末もあり)を配合しているものなのかをチェックしておくと良いでしょう。

マカが本当に効いているのか分からないという場合は、しばらくは様子見で少量から始め、数カ月ごとに徐々に量を増やし効果を確かめる、といった飲み方も可能です。

もちろんマカの摂取量や値段は、サプリメント会社の定めた一日の摂取量を守ることが大切です。
マカには鉄分や亜鉛など数多くの栄養素が含まれていますので、これらの成分の過剰摂取を予防することにつながります。

4-2.マカは一日あたりいくらかかる?

さて、マカの値段についてですが、一般的なサプリメントで摂取しようとすると、

マカ 一日分 50円~200円

となります。
もちろん品物によっては、これよりも安かったり高かったりする場合もありますが、平均的にはこのくらいの値段です。
これなら毎日続けられますね。

4-3.バイアグラの摂取量

バイアグラはマカの場合とは異なり、厳しく摂取量の上限が定められています。

  • ・一日一回100mgまで
  • ・次回の服用までに最低24時間は間隔を空ける

という基準を守ることが大切です。
といっても国内で正規で売られているバイアグラは50mgと25mgしかありませんので、

  • ・一日一回、1~2錠

という決まりを守っていれば大丈夫。

ちなみに用法や用量を守らない場合どんなことが起こるのか、過去にバイアグラの過剰摂取による以下のような症状が報告されています。

・ロシアの男性が12時間耐久でセックスできるか賭けをし、バイアグラを大量に摂取。その後心臓発作で亡くなった。

・イギリス人男性が遊び半分でバイアグラを35錠飲み、激しい吐き気やめまい、幻覚症状などに襲われ、病院へ運ばれた。

・66歳のコロンビア人男性がバイアグラを大量摂取し一週間勃起し続け、その結果ペニスが炎症を起こし、その後ペニスの組織は壊死。ペニスを切断するに至った。

上記の例はやり過ぎな感じがしますが、実際にバイアグラには血圧を下げる作用があるので、一日の摂取量を守らないと血圧が下がりすぎて心臓への酸素供給などが行き届かず、狭心症を引き起こす可能性もあります。

また勃起不全の原因として「動脈硬化(血管が硬くなる)」という病気が隠れている場合もあるので、バイアグラに頼りすぎるのは危険です。
栄養豊富なマカなどを摂って栄養管理をしたり、生活習慣を改善したりすることで勃起不全の原因を根本的に改善することが必要です。

4-4.バイアグラの値段について

バイアグラを病院で処方してもらうと、だいたい以下のような値段になります。

バイアグラ(50mg) 一錠 1,500円前後

バイアグラを一錠だけ購入する場合、初診料とバイアグラの料金で、一般的には三~四千円ほどの費用が必要になります。
ただしED治療は自由診療(保険が適用されない)なので、診察料が無料の場合もあれば5,000円~10,000円かかる場合もあります。
ですから事前に病院に電話して聞いてみるか、ホームページなどで確認しておく必要があります。

4-4-1.ジェネリック医薬品もある

バイアグラには、同じ効果で安価(2~7割引き。
平均で半額)で手に入れられる「ジェネリック医薬品」も存在しています。

2014年5月13日に特許権存続期間(特許権が有効になり他の製薬会社がジェネリック医薬品を作れない期間)が終わり、その後国内ではさまざまな製薬会社がバイアグラのジェネリック医薬品を発売し始めました。

国内で販売されているバイアグラのジェネリック医薬品は「シルデナフィル錠」などという名前が付いています。

ただしジェネリック医薬品と言っても100%効果が同じとは言い切れません。

ジェネリック医薬品の問題点として、

  • ・効き目が先発薬の80%~125%以内の範囲内なら同じ効果と判断される
  • ・安全性の試験をせずに販売できる

というものが挙げられます。
ですから病院で「効果が同じ」と言われても、全く同じわけではないのです。

またインターネットでも海外製のジェネリック医薬品が販売されていますが、偽物が混じっている場合もありますので、ジェネリック医薬品もバイアグラと同様、病院で処方してもらいましょう。

4-5.毎日続けるならマカ。バイアグラはここぞという時だけ

マカとバイアグラの値段をまとめると以下のようになります。

マカ 一日あたり50円~200円
バイアグラ 一錠あたり1,500円前後。ただし診察料がかかる。
ジェネリック医薬品もあり。

マカはリーズナブルなので毎日続けるにはピッタリです。
バイアグラは値段が高く、診察料や副作用もあるので、頻繁に服用するのは避けたいところ。
ここぞという時だけの利用に限定したほうが良さそうです。

5.どう効くの?体に効く仕組みの違い

5-1.マカがペニスに効くメカニズム

マカには健康効果を発揮する成分が数多く含まれていますが、今回はマカに含まれている成分のなかで、「特に性欲や勃起力に関係のある成分」について注目したいと思います。

  • ・アルギニン
  • ・亜鉛
  • ・グルコシノレート

これら三つの成分について詳しく見ていきましょう。

5-1-1.アルギニンでペニスの動脈硬化を予防し改善する

マカに豊富に含まれているアルギニンには、「血管を拡張して血行を促進する作用」があります。

勃起不全の大きな原因の一つに、ペニスの血管の動脈硬化(血管が硬くなり詰まりやすくなる)がありますが、アルギニンを摂取することによって血管内に一酸化窒素が発生し、血管が拡張されます。
その結果、動脈硬化が予防されるのです。

しかも一酸化窒素は血管を柔らかくする効果もありますので、日頃からアルギニンを摂取することによって、将来の動脈硬化を予防することも可能に。

また特にペニスには1~2ミリほどの細い血管が通っているので、心臓の動脈(太さ3ミリ程度)などよりも詰まりやすく、勃起不全の方は将来、心筋梗塞など血管系の疾患にかかるリスクが高い傾向にあります。

ですから「最近ペニスが元気ないかも」と思っている方は、マカなどのアルギニンを多く含んだ食品を普段から摂取することを心がけ、ペニスだけでなく全身の健康を維持することが大切です。

5-1-2.亜鉛で精力と精子数を増やす

「セックスミネラル」とも呼ばれる亜鉛。
亜鉛の効果には以下のようなものがあります。

  • ・性欲を促すテストステロン(男性ホルモンの一種)の分泌を助け、性欲が高まる
  • ・精子の材料となり、精子の生産量や運動量が増える
  • ・女性の排卵や着床に関わり、不足すると生理周期が乱れ不妊のリスクが高まる

ただ日本人は慢性的な亜鉛不足の状態が続いています。
厚生労働省の発表(2015)によると亜鉛の推奨摂取量は、

男性 一日10mg
女性 一日8mg

となっています。
ですが日本人の平均的な亜鉛摂取量は9mg程度(女性は6.5mg程度)で、男女ともに不足しているのが現状です。

ですから食事で摂取しきれない分をマカなどの亜鉛を豊富に含んだサプリメントで補うことにより、性欲改善効果が期待できるのです。

5-1-3.グルコシノレート

マカに含有されている「グルコシノレート」という成分は、マウスの実験によってさまざまな効果が確認されています。

  • ・持久力増強作用
  • ・疲労抑制作用
  • ・脂肪分解作用
  • ・肝臓、胃、乳腺のガンの成長を阻害する作用
     (Carlos Quiros博士 「マカの種子、芽、成熟植物および派生市販商品におけるグルコシノレート含有量」 2001)

グルコシノレートはまだ研究段階ではありますが、マカで性欲が増強する効果などは、この成分の作用ではないかという専門家の見解もありますので、今後さらに注目していきたい成分です。

5-1-4.まだ仕組みが解明されていない効果の数々

マカにはまだ解明されていない、さまざま効果が期待されています。
ここではその実験の一部をご紹介いたします(参照:常磐植物化学研究所)。

・マカを一日に1.5g~3g、八週間摂取させ続けた臨床試験では、健康な男性の性欲改善効果が見られた。

・マウスの尻尾の部分に重りをつけて泳がせる実験では、四週間(この実験では最長)マカを取り続けたマウスが最も長時間泳ぎ続けることができた。

・ラットを用いた実験では、マカをエサに混ぜて摂取していたグループは、ストレスが軽減されていることが観察された。

現在でもマカによる実験はさまざまな研究機関で続けられています。
まだ具体的な効果が解明されていない「グルコシノレート(性欲改善効果がある?)」など、マカの研究はこれからも続きそうです。

ここでご紹介した成分以外にも、ミネラルやアミノ酸などマカには数え切れないほどの成分がたっぷりと含まれています。
マカを数週間、数カ月と摂取し続けるうちに、それら成分の相乗効果により、徐々に勃起不全が根本的に解決していくのです。

5-2.バイアグラがペニスに効く仕組み

バイアグラの有効成分は「シルデナフィル」。
シルデナフィルは男性のペニス内部にある海綿体にピンポイントで作用する成分です。

男性は性的な刺激を受けると、ペニス内部の血管を拡張させる「cGMP」という物質がペニス内部に増加します。
その結果、ペニス内部の海綿体の血流量が増え、勃起するのです。

性的刺激
  ↓
cGMPが増加
  ↓
ペニスが勃起

そしてペニスが収縮する際は、cGMPを破壊して収縮を促す「PDE5」という酵素が働き、勃起が収まります。

勃起状態
  ↓
性的刺激が収まる
  ↓
PDE5が作用
  ↓
ペニスが収縮

と、ここでバイアグラに配合されているフィナステリドの出番。
フィナステリドはPDE5の働きを遮断し、ペニスが収縮しないようにするのです。
PDE5が働かなくなると、勃起を促すcGMPが破壊されず増加するので、勃起状態が続くというわけです。

5-3.マカとバイアグラ。それぞれペニスに効く仕組みが違うので、併用できる

マカとバイアグラはどちらも「勃起不全に効果がある」と言われていますが、ペニスに効く仕組みが異なります。
そしてこの「仕組みが違う」というのがミソ。
仕組みが違うからこそ、これら二つは併用できるのです。

副作用がある薬同士の併用は不安が残りますが、何と言ってもマカは副作用のない食品。
普段はマカを飲んで勃起不全の原因を解決することにアプローチし、ここぞという時だけバイアグラも併用して補助する、という飲み方ができるのです。

6.どのくらい続ける?効果が出るまでの時間の違い

6-1.マカは最低二カ月続ける

先ほどもご紹介しましたが、マカを飲んでから八週間で性欲改善効果が見られたという実験結果や、それ以外の実験からも、二カ月以上は継続して飲み続けることがおすすめです。

もちろん年単位で続けると血管が柔らかくなったり、さらにマカの勃起力アップ効果が実感できたりするでしょう。

6-2.バイアグラは三十分から一時間

バイアグラには即効性があります。
服用後三十分~一時間程度で効果が現れ、その後四~五時間持続します。

6-3.効果が出るまでの時間は異なる。それぞれの特徴を生かそう

マカとバイアグラは、それぞれ効果が出るまでの時間や期間が違います。
ですからマカには「2ヶ月後」「1年後」など長期的な視点が必要です。

またバイアグラには即効性はありますが、服用を継続しても「EDが根本的に治ることはない」という大きな欠点があります。

  • ・日頃からマカ飲み続け、徐々にEDを改善させる
  • ・普段はマカを飲み、バイアグラで補助する

効果的に勃起力をアップさせるためには、この二種類の飲み方が王道です。

7.入手方法の違い

7-1.マカの入手方法

ドラッグストアやスーパー、コンビニ、インターネットなど、さまざまな所で手に入れることができます。

購入の際に注意することといえば、マカの成分が自分が望んでいる量入っているか、必要以上に添加物などが入っていないかなどをチェックするということです。

それさえ注意していれば、安心してサプリメントを購入することができます。

7-2.バイアグラの入手方法

バイアグラは主にクリニック(病院)で手に入れることができます。
EDを専門にしているクリニックや男性更年期外来、泌尿器科、内科などでも処方してもらえます。
通院する際は、事前に電話やインターネットなどでED治療をおこなっているのかを確認しておきましょう。

7-2-1.バイアグラは偽物に注意!

バイアグラを個人輸入(インターネット販売)で手に入れる方法もありますが、個人輸入の半分は偽物だという話があります(ファイザー製薬、池田哲也セキュリティーオフィス部長談)。
医療機関を介さずリーズナブルな個人輸入で手に入れようとすると、偽物をつかまされる可能性があるのです。

多少面倒ですが、バイアグラが欲しいという方は医療機関で手に入れるようにしましょう。

8.ペニス以外への効果の違い

8-1.マカは勃起以外にも効く

マカが効果を発揮するのは、勃起不全に対してだけではありません。
非常に豊富な成分や栄養素が含まれていますので、

  • ・栄養補給
  • ・滋養強壮
  • ・持久力増強
  • ・疲労抑制
  • ・脂肪分解
  • ・集中力の向上
  • ・がん細胞の成長を抑制する
  • ・ホルモンバランスを整える

など、さまざまな健康効果が期待できるのです。
2000年台初頭にテレビ番組などでマカが注目され始めてから、かなりの期間が経過していますが、単なる流行で終わらずに未だに注目され続けている理由も分かりますね。

8-2.バイアグラは勃起効果のみ

バイアグラに期待できるのはペニスを勃起させる効果のみです。
「性欲も増す」とも勘違いされがちですが、そういった効果はありませんので注意が必要です。

ちなみにバイアグラには血圧を下げる作用もありますが、高血圧の方が単純に「血圧が下がるから一石二鳥」と判断するのは非常に危険です。

バイアグラで血圧が下がったからといって、理想的な血圧になるわけではないのです。
ですから高血圧の方がバイアグラを使いたいという場合は、まずは医師に相談すること。
血圧低下などによる思わぬ副作用を防ぐことができます。

9.マカとバイアグラはそれぞれ効果が違う。マカのみ、または併用がおすすめ

さて、マカとバイアグラの違いについてさまざま見てきました。
それぞれ良いところ悪いところイロイロありますが、体に効く仕組み自体が違うので、どちらが優れていると言うのは難しいです。

勃起不全の改善法としては、

  • ・日常的にはマカを摂る(最低二ヶ月~)
  • ・それでも満足できない場合は、バイアグラを併用する

というのが最善策です。
バイアグラは根本的な解決策にはならず副作用もあるので、日常的に利用するのはできれば避けたいところ。

一方マカには勃起力の改善以外にも、持久力増強などさまざまな効果があります。
EDでお悩みの方は、まずはマカを飲むことから始めてみましょう。

トップへ戻る