マカのサプリメントを紹介しているサイト
女性向けマカランキング(妊娠・美容) 男性向けマカランキング(ED・精力) ベンジルグルコシノレートやアルギニンを説明

産地からマカを選ぶ

マカの原産地はペルーですが、実はマカにはさまざまな産地があります。
「どの産地のマカを選べばよいのかわからない」というかたには、この記事は役に立つでしょう。
マカの正しい選びかたが身につけば、期待できる効果も高まります。

1.ペルー産のマカがおすすめ

ペルー発祥の植物「マカ」。
その起源は数千年も前にさかのぼりますが、今でもペルーでは盛んにマカが栽培されています。

1-1.ペルー産マカは栄養成分が多く含まれる

ただ単に生産地というだけではありません。
ペルーのマカは他の国のマカよりも栄養成分が多く含まれていることが分かっています。
産地ごとのマカに含まれる栄養素の種類や量は下記のとおりです。

マカパウダーに含まれる有機化合物(一例)
産地 種類 総量(mg)
ペルー産マカ 28 208
日本産マカ 13 167
中国産マカ 14 100s

(参考:株式会社ヤマノ 「効果のあるマカ、無いマカの違いとは?」 中村学園大学調べ)
この表からも分かるように、ペルーのマカには高い効果が期待できるのです。

1-2.ペルーのマカはフニン県で生産されたものを選ぶ

ペルー産のマカはおすすめですが、注意点もあります。
株式会社ヤマノの調査によると、同じペルー産のマカでも成分の種類や量が違う、というデータが出ています。

なぜこのような結果になったのか、次のようなことが考えられます。

  • ・土地に含まれる成分の違い
  • ・栽培のやり方が違う
  • ・収穫後の扱い

そこでおすすめなのが、ペルーの「フニン県」で生産されたマカ。
フニン県で栽培されたマカは、ペルー政府からも公認されているブランドマカなのです。
フニン県産のマカはサイズは小さめですが重量は重く、身がしっかりと詰まっています。

【特におすすめはフニンのボンボン高原のマカ】

さらにフニン県にある「ボンボン高原」のマカが最良。

ボンボン高原は標高4,000メートル以上の高地にあります。
酸素も薄く昼夜の寒暖差も激しい。
とても生き物が生息できないような環境です。

ボンボン高原のマカはそんな過酷な環境で育ちます。

しかしそれは必ずしも悪いことではありません。
マカを栽培する際には、「過酷な環境」というのがポイントになるのです。

ボンボン高原のマカは過酷な環境で生き抜くために、体内にさまざまな栄養成分を作り出します。
その栄養成分が人間の私たちにも良い影響を与えてくれる、というわけですね。

一方、ボンボン高原以外の低地で栽培されたマカは、サイズは大きいものの身が詰まっておらず、重量は軽い傾向にあります。

ペルーのマカに栄養成分が豊富だといわれているのは、「ボンボン高原のマカが非常に優秀だから」というのも大きな理由の1つなのです。

2.日本産のマカも信用できる

日本産マカは有効成分の種類や量ではペルー産に劣るものの、品質管理が行き届いているものが多い傾向に。
アミノ酸の含有量などはボンボン高原産のマカよりも優れている部分があり、おすすめできます。

気になるサプリメントに配合されているマカが日本産だった場合は、もちろん購入しても問題はありませんよ。

3.中国産のマカはおすすめできない

中国産のマカがすべて悪いとは言い切れませんが、おすすめできません。

生産過程が不明で、農薬が使われているかどうかなども詳しく分かっていません。
妊娠するためにマカを飲むかたも多いですから、安全性が保証されていない食品を取るのは避けたほうが良いでしょう。

中国新聞社の2016年3月10日の報道があります。
この報道によると、数年前から中国では雲南省麗江市の高地の多い環境を生かし、マカの大規模栽培を開始しています。

しかし雲南マカ産業革新連盟の李宏・秘書長によると、マカの栽培について問題が浮上してきているそうです。
「マカ栽培に適さない土地でもかなり栽培され、品質にばらつきが出てきた」とのこと。

将来、中国のマカの品質が高まる可能性はありますが、今のところ中国産のマカは良いとはいいきれないのが現状です。

4.産地の記載がないマカは避ける

産地の記載がないマカは中国産以上におすすめできません。

記載がないということは、自信がないことのあらわれ。
ペルーのブランドマカや、こだわりの日本産マカを使っているサプリメントなら、産地をしっかりと記載するはずです。

産地が記載されていないと中国産なのかどうかも分かりません。
業者が中国産以外の「産地不明」のマカを買い付けているかもしれません。
もちろん安全性についても信頼できないでしょう。

マカは育つ環境で栄養成分が変化する食品ですから、産地の記載がないマカの購入は避けることをおすすめします。

5.まとめ

ペルー産と日本産のマカがおすすめです。
その中でもペルーのフニン産、ボンボン高原のマカが特に良いでしょう。

中国産のマカは品質に疑問があります。
必ずしも悪いものばかりではないようですが、値段が極端に安いマカのサプリメントなどには、品質の低い中国産のマカが使われている可能性が高いです。

また産地が分からないようなマカもおすすめできません。

マカは毎日続けることで高い効果が期待できる食品です。
少しでも質の良いマカを飲んで、妊娠のためや健康維持のためなど、さまざまな目的に役立てみましょう。

トップへ戻る