マカのサプリメントを紹介しているサイト
女性向けマカランキング(妊娠・美容) 男性向けマカランキング(ED・精力) ベンジルグルコシノレートやアルギニンを説明

原産地ペルーでのマカの食べかたは?

マカは世界遺産の「マチュピチュ」で有名なペルー発祥の野菜です。
日本国内ではサプリメントで見かけることが多いですが、ペルーではもっと身近な食材です。
マカは原産地のペルーではどのように食べられているのでしょうか。

1.ペルーでは日常的にマカを食べる

マカの生産地であるペルーのフニン県では、マカジュースが一般的。
フルーツと一緒にミキサーにかけるので、起きたばかりの朝食でも飲みやすく、各家庭ごとにさまざまなレシピがあります。

マカの粉末をヨーグルトやシリアルなどに混ぜて食べたり、シンプルに牛乳に溶かして飲むひともいます。

乾燥したマカを肉や野菜と一緒に煮込む料理も一般的です。
同じ根菜の玉ねぎに見た目が少し似ているので、日本人の目から見ても違和感がありません。

また、朝市では「体力づくりに」とマカのジュースも売られています。

生産地では、どの家にも乾燥したマカが保存食として常備されており、マカは古くから生活に根ざした食材なのです。

2.マカにはお菓子もある

都市部のリマでは生や乾燥のマカも売られていますが、ジャムやお菓子(チョコやキャンディー)などの加工食品が多く見られます。
アルコールにマカとハチミツを加えたマカ酒なども販売されています。

また、「マカボール」というスナック菓子も売られています。
ビニール袋に入れて売られており、ほんのり甘い味が特徴です。
一袋あたり日本円で30円ほど。
もちろんこれはマカを添加したお菓子なので値段は安いですが、純粋なマカの粉末などは現地ペルーでも高級品で、安くても数千円はします。

マカの産地では焼き芋のように道ばたでマカを焼き、畑仕事のおやつとして食べている現地のかたもいます。
といってもマカの産地以外では生のマカを見かけることは少なく、見かけたとしても値段が高くなかなか手が出ません。
産地ならではの食べかたですね。

またマカの産地であるフニン県のボンボン高原の周辺では、マカのポンチェ(日本でいうフルーツポンチ)が売られています。
二年ほど乾燥したマカを煮込んだものと、水やパパイヤ、砂糖やハチミツ、牛乳、卵をミキサーで混ぜ、仕上げにシナモンをかけたドリンクです。

3.マカにはどんなお土産がある?

ペルーに旅行に行ったかたのなかには、マカをお土産にするひとも少なくありません。
といっても生のマカを国外へ持ち出すことは法律で禁止されていますので要注意。
生以外の加工品なら日本国内に持ち帰ってもOKです。

  • ・マカのクッキー
  • ・マカの粉末
  • ・マカの錠剤
  • ・マカの甘露煮

など、ペルーではさまざまなお土産品が売られています。

4.日本ではサプリメントが主流

日本では野菜として食べるというよりも、サプリメントとして摂ることが一般的。

  • ・精力増強
  • ・滋養強壮
  • ・疲労回復
  • ・妊娠への効果

これらの効能を期待して飲むかたが多いです。
もちろん現地ペルーでも、精力増強などを意識して飲むかたがたくさんいます。

5.マカは妊娠に良い?悪い?出生率で比較する

マカはペルー国内では老若男女問わず気軽に食べられています。
しかし日本国内では名前は知られていても、まだまだ怪しい食べ物だと思われているふしがあります。
「妊娠に良い」「妊娠に良くない」などさまざまなウワサも流れています。

そこで日常的にマカを食べているペルーと、日本の出生率を比べてみたいと思います。
もちろん、マカの妊娠への効果を出生率だけで比べるのは乱暴な気もしますが、ご参考までに。

女性一人あたりの一生涯の出生率
ペルー 2.43
日本 1.46

ペルーの出生率は日本の約1.7倍。
マカが妊娠に悪いのなら、紀元前からマカを食べ続けているペルーの人たちはとっくに絶滅していることでしょう。

日本国内で流れているウワサには科学的な根拠はありません。
むしろ日本国内での出生率低下の背景には、

  • ・晩婚化による出生率の低下
  • ・晩婚化による不妊の増加(妊娠率のピークは20代前半)
  • ・未婚率の増加

などさまざまな原因が考えられます。

また「働く女性の三人に一人は無排卵」だというデータもあります。
排卵が起こらなければ受精することはありません。

無排卵の大きな原因の一つには、ストレスや無理なダイエットによる「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。

マカを飲む以前に、ストレスなどの要因が不妊に関わっているということは覚えておいたほうがよさそうです。

5-1.マカで不妊を解消する

株式会社ヤマノと中村学園大学との共同研究では、マカには妊娠に大切なホルモンバランスを整え、排卵をうながす(妊娠率を高める)効果があるということが判明しています。

この事実が学術誌で発表されたのは2014年になってからで、まだまだ認知度は低いようです。

ラットでの実験段階ではありますが、今後ますますマカへの妊娠率アップ効果の期待は膨らみそうですね。
現地ペルーで伝えられてきた妊娠への効果が、科学的にも実証されようとしているのです。

ただし、マカに限らず食物には「体質にあわない」というかたはいます。
マカを実際に食べてみて「大丈夫そう」だと思ったら、ぜひ健康のためにマカを続けてみてください。

6.まとめ

日本では、マカはサプリメントとして利用されることが多いですが、産地ペルーでは日常的に食べられている食材です。

  • ・煮込み料理
  • ・ジュース
  • ・お菓子
  • ・お酒

など、さまざまなかたちで親しまれています。
マカが入ったお菓子やマカの錠剤などをペルーのお土産にする旅行者も多いです。

また近年、マカが妊娠に良いという研究結果も発表されており、今まで民間伝承レベルで伝わってきたことが、科学的にも確認されてきています。

長いあいだ老若男女に親しまれている安心安全な成分をお探しのあなた。
精力増強や妊娠を期待するあなたは、ぜひマカを試してみてください。

【参考文献】
http://www.mana-c.jp/haidousitearu.html
http://www.pg2013.org/peru.html

トップへ戻る