マカのサプリメントを紹介しているサイト
女性向けマカランキング(妊娠・美容) 男性向けマカランキング(ED・精力) ベンジルグルコシノレートやアルギニンを説明

マカの抗酸化作用

マカに含まれるビタミンCやビタミンEには、活性酸素の働きを抑える「抗酸化作用」があります。

私たちの呼吸で取り入れた酸素の約2%ほどが「活性酸素」に変化します。
活性酸素は体内に入り込んだ細菌やウィルスを退治する役割を持ち、私たちの体にとって大切なものです。
しかし過度のストレスなどで活性酸素の発生量が増えると、体内では処理しきれなくなり、正常な細胞も攻撃して酸化(老化)させてしまうのです。

活性酸素が増えすぎると、次のような症状を引き起こします。

  • ・寿命が短くなる
  • ・シワ、シミ、ソバカス
  • ・物忘れ
  • ・免疫力の低下
  • ・動脈硬化
  • ・ガン

活性酸素は精神的なストレスだけでなく、紫外線、化学物質、タバコ、激しい運動、睡眠不足など、さまざまなことが原因で発生します。

加齢により、活性酸素に対抗する力(抗酸化力)もどんどん弱まっていくことが分かっています。


※SODとは…体内の抗酸化酵素のこと。加齢により減少する。

「ストレス社会」ともいわれる現代に生きる私たちは、積極的に活性酸素を減らすことが必要なのです。
ぜひマカなどの抗酸化成分を含む食品を摂ることをおすすめします。

>>さらに詳しくはこちら
>>効果一覧へ戻る

トップへ戻る