マカのサプリメントを紹介しているサイト
女性向けマカランキング(妊娠・美容) 男性向けマカランキング(ED・精力) ベンジルグルコシノレートやアルギニンを説明

マカの妊娠への効果

マカにはホルモンバランスを整える作用があり、妊娠への効果が期待できます。

女性は過度のストレスにより「無排卵」が起こることがあります。
無排卵はその名のとおり、排卵が起こらなくなること。
働く女性の3人に1人は無排卵といわれています。

排卵が起こらなければ妊娠しようがありません。
日頃ストレスを感じているかたは、何らかの対策をとる必要があるのです。


そこでマカが役に立ちます。
ラットを使った実験によると、マカに次のような作用が確認されました。

卵胞刺激ホルモンの分泌量が19倍に
黄体形成ホルモンの分泌量が4.5倍に

卵胞刺激ホルモンとは、卵胞を刺激して卵胞を成長させるホルモンです。

黄体形成ホルモンは排卵の直前に分泌され、排卵をうながします。
さらにプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌をうながします。
プロゲステロンは子宮内膜を厚くする作用を持ち、受精卵が着床しやすい環境を整えてくれます。

マカを摂ると、次のような流れで妊娠する効果が期待できます。

マカを摂取する
  ↓
卵胞刺激ホルモンが分泌
  ↓
卵胞が成長する
  ↓
黄体形成ホルモンが分泌
  ↓
排卵が起こる
  ↓
プロゲステロンが分泌
  ↓
受精卵が着床しやすくなる
  ↓
めでたく妊娠

妊活におすすめなマカの摂り方

妊活中の女性に一番おすすめしたいのが、マカと葉酸のサプリメントを一緒に摂ること。

葉酸を摂ることで、胎児の神経管閉鎖障害(神経麻痺や死産などの可能性がある)を予防することができます。(厚生労働省)
妊娠4~6週目に摂ると胎児の病気リスクが特に減少するといわれています。

しかし6週目を過ぎてから妊娠に気づくかたもいます。
赤ちゃんの健康を守るためには、妊娠が分かる前から飲んでおいたほうが良いということです。

マカを摂ることでホルモンバランスを整え、妊娠しやすい身体へ。
そして葉酸で生まれてくる胎児の健康を守る。

マカと葉酸が両方入った妊活サプリメントもありますので、ぜひチェックしてみてください。

トップへ戻る