マカのサプリメントを紹介しているサイト
女性向けマカランキング(妊娠・美容) 男性向けマカランキング(ED・精力) ベンジルグルコシノレートやアルギニンを説明

マカにダイエット効果?

マカといえば精力アップ効果ばかりが注目されがちですが、実はダイエット効果が期待できる成分も含まれているのです。マカに含まれているどのような成分が、ダイエットにつながりそうなのでしょうか。

1.脂肪分解酵素を活性化させる
運動をしてもなかなか痩せられない原因として、リパーゼという脂肪分解酵素の働きが悪くなっているということが考えられます。

1-1.リパーゼが働かないと痩せられない
リパーゼが脂肪の分解を助けてくれることで、皮下や内臓に蓄えられた脂肪がエネルギーとして消費されるのです。リパーゼの働きが悪いと体内に蓄えられた脂肪の分解が進まず、運動をしても痩せにくくなってしまうのです。

1-2.マカのアミノ酸がリパーゼを活性化
マカには多くのアミノ酸が含まれていますが、アラニン、アルギニン、プロリン、リシンの4種類はリパーゼの働きを活性化してくれる働きがあるのです。4種類のアミノ酸の相乗効果によってリパーゼを活性化できれば、体に蓄えられて脂肪の燃焼が促されるため、運動の効果がより大きくなってくれるというわけです。

2.食物繊維にもダイエット効果あり
運動の効果が落ちてしまうもうひとつの原因は、便秘です。便秘になると基礎代謝が低下してカロリーの消費量が減り、太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。マカには食物繊維も含まれているため、便秘解消に役立ってくれるのです。

2-1.水溶性食物繊維で悪玉菌退治
便秘の原因のひとつは、悪玉菌などによって腸の働きが低下していることです。水溶性食物繊維は、悪玉菌を退治する善玉菌の餌になります。水溶性食物繊維によって善玉菌が増えれば悪玉菌が退治され、腸の働きが良くなってくれるのです。

2-2.不溶性食物繊維で腸を刺激
そして、不溶性食物繊維は腸内で水分を吸って膨張し、腸壁を刺激してくれます。これも腸の働きを良くしてくれるため、便秘解消に役立ちます。付け加えると、血行悪化も腸の働きを悪くし、便秘の原因となります。マカに含まれているアルギニンやビタミンEには血行促進効果があるため、便秘解消に役立ちそうです。

3.まとめ-マカはダイエットにも効果的!
マカはリパーゼの活性化と便秘解消によって、ダイエット効果を発揮するというわけです。ダイエットの効果が出ないときには、マカの摂取も良さそうですね。

トップへ戻る